国際骨髄腫財団日本支部

:学会関連

  • 最新の記事

医師のためのASH2008多発性骨髄腫ハイライト

2009.02.25 [海外情報][学会関連
 国際骨髄腫財団(IMF): 医師のためのASH2008多発性骨髄腫ハイライト 第50回ASH会議(2008年12月5~9日、カリフォルニア州サンフランシスコにて開催)からの注目情報。 id281.ASH_2008_MM_Highlights_for_Physicians_Ja ・・・続きを読む

2007年アメリカ血液学会報告

konishi 2007.12.11 [海外情報][学会関連
 熊本大学医学部血液内科 奥野 豊先生による出席レポート2007年アメリカ血液学会レポート    2007年12月8日から11日の4日間、アメリカ南東部に位置するアトランタにて第49回アメリカ血液学会(ASH)が開催され、私も参加して参りました。アメ ・・・続きを読む

第11回国際骨髄腫ワークショップ2007報告

konishi 2007.06.29 [海外情報][学会関連
2007年6月25日~29日にギリシアのコス島にて開催された第11回 International Myeloma Workshop(国際骨髄腫ワークショップ) 2007の報告です。 ○多発性骨髄腫の新しい治療戦略 名古屋市立緑市民病院 院長 清水 一之先生 ○ 新規薬剤 ・・・続きを読む

2006年アメリカ血液学会報告

konishi 2006.12.12 [海外情報][学会関連
熊本大学医学部血液内科 畑 裕之先生による出席レポート2006年アメリカ血液学会レポート   アメリカ血液学会は、毎年12月上旬に開かれます。今年も12月9日―12日まで、フロリダ州オーランド市で開催されました。骨髄腫に関する発表は、全部で400以上もあり、すべてが我々 ・・・続きを読む

2005年アメリカ血液学会報告

konishi 2005.12.13 [海外情報][学会関連
熊本大学医学部血液内科 畑 裕之先生による出席レポート2005年アメリカ血液学会レポート   米国血液学会は、米国内だけではなく、実態は全世界から血液学を専門とする医師、研究者が集まる世界最大の血液学会です。本年はルイジアナ州ニューオーリンズで開催予定でしたが、ハリケー ・・・続きを読む