国際骨髄腫財団日本支部

:海外情報

  • 最新の記事

2006年アメリカ血液学会報告

konishi 2006.12.12 [海外情報][学会関連
熊本大学医学部血液内科 畑 裕之先生による出席レポート2006年アメリカ血液学会レポート   アメリカ血液学会は、毎年12月上旬に開かれます。今年も12月9日―12日まで、フロリダ州オーランド市で開催されました。骨髄腫に関する発表は、全部で400以上もあり、すべてが我々 ・・・続きを読む

脊柱後弯形成術

2006.12.01 [海外情報
脊柱後弯形成術.pdf 持療法; IMFホットラインのコーディネータはあなたの質問にお答えします。Supportive Care;IMF Hotline Coordinators Answer Your Questions   私は背骨の圧迫骨折があり、劇痛があります。私は、 ・・・続きを読む

栄養摂取や生活様式が多発性骨髄腫に与える影響

2006.12.01 [海外情報
栄養や生活様式.pdf支持療法:栄養摂取や生活様式が多発性骨髄腫に与える影響Supportive Care ; Nutritional and Lifestyle Influences on Multiple Myeloma    Loch Chandler博士との会話 & ・・・続きを読む

多発性骨髄腫の治療効果判定国際統一基準

2006.07.20 [海外情報
IURC_for_MM_Japanese.pdfこの統一基準は国際骨髄腫ワーキンググループの努力によって作成されました。 This article is the result of the efforts of the International Myeloma Working Group.&nb ・・・続きを読む

Revlimid®を理解しよう

2006.02.01 [海外情報
レナリドミドpdf.pdfRevlimid®を理解しよう Understanding Revlimid®   ©2006 International Myeloma Foundation, North Hollywood,California   ・・・続きを読む