社会とのつながり

  • TOPページ
konishi 2011.01.20 [報道・寄稿
 イレッサ訴訟の新聞記事等を目にします。同じがんの患者として医薬品の副作用によってお亡くなりになられた方は本当にお気の毒だと思っています。   イレッサ訴訟について、疑問に思うのは、イレッサは今でもがん患者にとって有効な薬であるのに、承認した国が責任を問われていることです。  報 ・・・続きを読む
2010.11.06 [報道・寄稿
この特集ではがんを広く採りあげており、骨髄腫の治療に直接関係するのはサリドマイド、ベルケイド、レナリドミドの登場により、骨髄腫治療がいかに進歩したか、という日赤医療センターの鈴木先生のコメント だけですが、改善されたとはいえ、TERMSやRevmateに残る不合理性、問題点が囲み記事で、当患者の会の ・・・続きを読む
2010.11.06 [報道・寄稿
 日経メディカルCancer Review 2010年夏号に多発性骨髄腫の治療が取り上げられました。新潟県立がんセンターの張先生による記事です。記事本文は骨髄腫及び新薬を中心とするその治療を医療者に照会する記事ですが、囲みで当患者の会の上甲への取材をベースとする安全管理システムに関する記事 ・・・続きを読む
joko 2010.08.29 [報道・寄稿
   9月9日(木)の NHKニュースおはよう日本 で、医療費に関する問題がとりあげられます。 *9月2日の放送予定でしたが、都合により1週間延期になっていますので、放送日にご注意ください。 骨髄腫の患者さんとそのご家族が取材を受けてくださいました。  骨髄腫の治療薬は、ベルケイド、サリド ・・・続きを読む
joko 2009.12.08
  健康保険給付金制度のひとつに「高額療養費制度」があることは、みなさまご存知のことと思います。  患者さんのご年齢や所得に応じて、病院の窓口で支払う自己負担額を一定限度額までにおさえられるよう、還付される制度です。  とてもありがたい制度である一方、例えば、70歳未満 ・・・続きを読む