国際骨髄腫財団日本支部

社会とのつながり

  • TOPページ
konishi 2011.08.09 [学会関連
 「勝海舟記念 下町(浅草)がん哲学外来 in medical cafe」のご案内が届いています。骨髄腫固有の話しではありませんが、がん治療全般に関わるおはなsです。関心がある方は、ご案内をご覧になって、直接お問い合わせ、お申込み下さい。  ・・・続きを読む
konishi 2011.07.06 [学会関連
「東日本がんプロフェッショナル養成プラン10拠点公開シンポジウム」のご案内が届いています。骨髄腫固有の話しではありませんが、がん治療全般に関わるシンポジウムです。関心がある方は、ご案内をご覧になって、直接お申込み下さい。 ・・・続きを読む
konishi 2011.02.25 [報道・寄稿
 ドラッグラグに関する取材を読売新聞大阪本社社会部から受けました。記事はこちらからご覧になれます。   私たちは、サリドマイド再承認のための長いドラッグラグを経験しました。その間に、大勢の仲間がサリドマイドを飲めば生き永らえたかもしれないという希望を抱きながら命を失っていくのを見 ・・・続きを読む
konishi 2011.01.20 [報道・寄稿
 イレッサ訴訟の新聞記事等を目にします。同じがんの患者として医薬品の副作用によってお亡くなりになられた方は本当にお気の毒だと思っています。   イレッサ訴訟について、疑問に思うのは、イレッサは今でもがん患者にとって有効な薬であるのに、承認した国が責任を問われていることです。  報 ・・・続きを読む
2010.11.06 [報道・寄稿
この特集ではがんを広く採りあげており、骨髄腫の治療に直接関係するのはサリドマイド、ベルケイド、レナリドミドの登場により、骨髄腫治療がいかに進歩したか、という日赤医療センターの鈴木先生のコメント だけですが、改善されたとはいえ、TERMSやRevmateに残る不合理性、問題点が囲み記事で、当患者の会の ・・・続きを読む