国際骨髄腫財団日本支部

:IMF冊子 検査結果を理解するためのガイド

  • 記事詳細ページ

IMF冊子 検査結果を理解するためのガイド

konishi 2011.04.14 [海外情報]

 

 

 

 

 

検査結果を理解するためのガイド
 
 
 
※翻訳文をご覧になる場合は、必ず「翻訳文献の扱いについて」をご覧ください。
 
 

 

 (2011/4/14 掲載分)
 
 多発性骨髄腫患者の検査結果を理解するためのガイド
 
 
  

多発性骨髄腫は、患者ごとに様々な症状を

呈する可能性がある複合疾患である。単一

の検査/調査で多発性骨髄腫患者の状態に

ついて全体像を語ることは適切ではない。

しかし、いかなる単一の検査が示す結果よ

り、複数の検査を行う結果によって、その

結果から多発性骨髄腫の全体像が得られる。

あなたと主治医が多発性骨髄腫を理解し、

また、骨髄腫の監視に最適な検査法を知る

ことは、重要である。

 

 

(以下本文をご参照ください)

 
 
 

【日本の顧問医師のコメント】

検査結果というのは常に気になるもので,値
上がったり下がったりで一喜一憂することにな
りますが,一つの検査結果がすべてを表すこと
はありませんので複合的に判断していく必要が
あります。同じ値でも病院や検査会社によって
測定方法の違いから基準となる範囲も異なりま
すので,同じ施設での推移を見ていくことが重
要です。前後の治療経過などをあわせて判断す
る必要もありますので,検査の意味するところ
については主治医とよく話し合って理解されて
ください。
 
 
訳文は
原文は