国際骨髄腫財団日本支部

治癒に向けて

  • TOPページ

多発性骨髄腫治療薬のドラッグラグ解消を求める要望書

sandbag 2007.12.21 [陳情
 2007年12月21日舛添要一厚生労働大臣に要望書を提出「多発性骨髄腫治療薬のドラッグラグ解消を求める要望書」  ・・・続きを読む

2008年基礎的研究部門採択者紹介

konishi 2007.11.18 [多発性骨髄腫研究助成
 2008年基礎的研究部門採択者紹介 熊本大学大学院医学薬学研究部 奥野豊 先生テーマ 「骨髄腫モデルマウスの作成」 ・・・続きを読む

日本での他国比遜色のない多発性骨髄腫治療の実現

sandbag 2007.08.27 [陳情
 2007年8月27日柳澤伯夫厚生労働大臣に要望書を提出「日本での他国比遜色のない多発性骨髄腫治療の実現」  ・・・続きを読む

多発性骨髄腫治療薬サリドマイド、ボルテゾミブ(ベルケイド®)に関する要望

sandbag 2007.01.24 [陳情
 2007年1月24日柳澤伯夫厚生労働大臣に要望書を提出「多発性骨髄腫治療薬サリドマイド、ボルテゾミブ(ベルケイド®)に関する要望」  ・・・続きを読む

2007年採択者紹介

konishi 2006.11.19 [多発性骨髄腫研究助成
 2007年採択者紹介 広島大学医学部付属病院血液内科 坂井 晃 先生テーマ 「骨髄腫細胞におけるcyclin D1過剰発現の意味するものと治療への応用」 受賞者からひとこと   このたびは堀之内朗賞を受賞でき大変光栄に存じます。この賞の意味するものを肝に銘じ、 多発性骨髄腫の治療及び研究 ・・・続きを読む