国際骨髄腫財団日本支部

: 新薬2つ 早期承認の要望書を提出

  • 記事詳細ページ

 新薬2つ 早期承認の要望書を提出

joko 2016.08.09 [多発性骨髄腫研究助成]

 本日(8月9日)、イキサゾミブ、ダラツムマブの早期承認を求める要望書を森厚生労働大臣官房審議官(医薬担当)に手渡しました。要望書の全文はこちらです。

 

 治療選択肢が増え、副作用がコントロールされ、よい状態で日々を過ごしたいこと、治療選択肢が増えることによって治癒に繋がるようになりたいことを森審議官にお話ししました。

 

 

 本件お問い合わせ先  

日本骨髄腫患者の会 代表 上甲 恭子

メール owner-imfjapan@myeloma.gr.jp

電話 090-6908-2189 (平日10時~16時)