国際骨髄腫財団日本支部

:新薬3剤早期承認の要望書を提出

  • 記事詳細ページ

新薬3剤早期承認の要望書を提出

joko 2015.09.30 [陳情]

 

 929日付けで、厚生労働大臣および厚生労働省医薬食品局長、審査管理課長宛に3つの新薬の、早期承認を求める要望書を提出しました。要望書の全文はこちらです。

 

 一日も早く、カルフィルゾミブ、エロツズマブ、イキサゾミブが治療選択肢に加わるよう、早期承認のためご尽力いただくよう審査管理課長によくよくお願いして参りました。

 

 それぞれの薬がどのような薬なのか、効果はどのくらいあるのか、副作用はどのようなものがどれくらいの頻度で起きるのか、飲み薬なのか注射なのか等々を、臨床試験の結果を元にご紹介できるようまとめています。

 今しばらくお待ちください。

             

                本件お問い合わせ先 

日本骨髄腫患者の会 副代表 上甲 恭子

メール owner-imfjapan@myeloma.gr.jp

電話 090-6908-2189 (平日10時~16時)