国際骨髄腫財団日本支部

:2015年度 多発性骨髄腫研究助成 助成課題決定

  • 記事詳細ページ

2015年度 多発性骨髄腫研究助成 助成課題決定

joko 2015.05.25 [多発性骨髄腫研究助成]

 

2015年度の助成課題を採択しました 

2015328日(土)、多発性骨髄腫研究助成選考委員会を開催し、2015年度の助成課題を以下のとおり決定しました。

 

之内朗記念助成

京都府立医科大学大学院医学研究科 血液・腫瘍内科学 

知念 良顕先生

「多発性骨髄腫におけるPDPK1制御のメカニズムと臨床的意義」

 

特別助成

慶応義塾大学薬学部 病態生理学講座  市川 大樹先生

「新たなサリドマイド結合分子の同定と催奇形性のない新規誘導体のドラッグデザイン」

 

総 括

選考委員長による選考委員会の総括はこちらです。

今年度の募集には、10課題の応募がありました。総括にもあるとおり重要な優れた研究テーマを多数ご応募いただき、大変嬉しく思っています。

この助成金が一助となり骨髄腫診療の進展、そして近い将来治癒を得られる日まで多発性骨髄腫研究助成事業を続けて参ります。

 

 

研究助成事業を継続するために

多発性骨髄腫研究助成の原資は、患者さんとご家族からの寄付金です。みなさまのご寄付が研究をサポートする基金となります。少しずつで結構です。寄付のご協力をお願いいたします。また、150万円を超えるご寄付をいただき、使途を研究助成にとご指示いただいた場合は、お名前を冠した特別助成を設置することができます(例 山田特別助成)

 

 

選考委員の先生方へ お礼

さいごに、選考委員の先生方に厚くお礼申し上げます。

患者会が運営する本助成事業の趣旨を深くご理解の上、選考の労をとってくださいました。この場をお借りして、衷心より感謝申し上げます。

 

2015年度選考委員会 

委員長 

 新潟県立がんセンター新潟病院 内科    張 高明先生 

委 員 

 徳島大学 大学院医歯薬学研究部 

    血液・内分泌代謝内科学   教授  安倍正博先生                 

 名古屋市立大学大学院医学研究科 

      血液・腫瘍内科学分野   教授 飯田真介先生

 埼玉医科大学総合医療センター 血液内科    

                       教授   木崎昌弘先生

 福岡大学医学部 腫瘍・血液・感染症内科学 

 

                          准教授 高松   泰先生