国際骨髄腫財団日本支部

:2013年 多発性骨髄腫研究助成の公募について

  • 記事詳細ページ

2013年 多発性骨髄腫研究助成の公募について

konishi 2011.12.16 [多発性骨髄腫研究助成]

INTERNATIONAL MYELOMA FOUNDATION
IMF Japan's Research Grants
2013年多発性骨髄腫研究助成 研究課題募集

 

2013年多発性骨髄腫研究助成の課題公募を行います。

 


募集期間は2011年12月19日(月)~2012年2月29日(水)です。

 

 

多発性骨髄腫研究助成は、全国の骨髄腫の患者さんとその家族の方々から寄せられる寄付金を原資として、国内で多発性骨髄腫の研究に従事する医師、研究者に研究助成金を給付する事業です。骨髄腫の完全治癒あるいは治療の進展に強い願いがこめられています。

 

本事業は、国際骨髄腫財団(IMF;International Myeloma Foundation)の助成事業のひとつとして設置され、今回の2013年課題募集で12回目を数えます。
2012年募集より臨床研究部門の研究課題も公募することになりました。2013年の採択件数は基礎研究部門2件、臨床研究部門1件を予定しています。尚、この度の2013年研究助成から助成期間を前年(2012年)の10月から開始することになりましたので、特にご留意下さい。

 

募集要項、申請書用紙は下記をご参照ください。