国際骨髄腫財団日本支部

:【終了しました】 2016年4月3日(日) 京都ブロック会

  • 記事詳細ページ

【終了しました】 2016年4月3日(日) 京都ブロック会

joko 2015.12.17 [イベント案内]

 

 京都ブロック会は 大勢の参加者を迎え無事終了しました。

  

 大変嬉しかったのは、京都ブロック会に参加した方から「小林先生のご講演を聴いて、痛みはただ辛抱するだけではなく、痛み止めをうまく使っていいのだとわかり、主治医と相談しました。今は痛み止めを使って少しずつ楽になり、前向きな気持ちになれました」とご連絡をいただき、とても嬉しくなりました。 

 

 骨髄腫患者の会が京都府で初めて開催するブロック会です。

 骨髄腫がどんな病気か骨髄腫にはどのような治療法があるのか、骨髄腫の合併症や治療の副作用とどううまくつきあっていけるかなど勉強しましょう。

  また、同じ病気の方とおしゃべりをしましょう。講師のみなさんに質問に答えていただくコーナーもあります。

 

 病気を知るのは少し怖いかもしれませんが、知識がみなさんの希望につながるよう、みなさんが笑顔になられるよう、丁寧に準備をして烏丸コンベンションセンター大ホールでお待ちしています。

 京都ブロック会スタッフ一同

 

 印刷用チラシはこちら

京都ブロック会

 日時 2016年4月3日(日) 12時50分~17時ころまで          (開場12時30分)

 

 場所 烏丸コンベンションセンター大ホール

         道案内 http://karasuma.conventionhall.jp/access.html 

 

 【申し込み】事前参加申し込みは不要です。

       当日、直接会場へお越しください。
 
 
【参加費】   無料

 

 【スケジュール】 
 
12:30  開 場
12:50 開会の ご挨拶
13:10
講演1  骨髄腫ってどんな病気? 
講演2  骨髄腫の治療 1 “今”
講演3  骨髄腫の治療 2 “すぐそこ”
講演4  骨髄腫の治療 3 “合併症と副作用”
骨髄腫Q&A 
(当日質問を書く用紙を配ります。質問がある方は会場でお書きください)
16:30ころ~
交流会 参加者同士、講師の方々とおしゃべりしましょう
 
 
 
【講師】

京都鞍馬口医療センター 血液内科    島崎千尋先生

    〃               淵田真一先生

京都第二赤十字病院   血液内科    魚嶋伸彦先生

京都大学医学部附属病院 血液・腫瘍内科 小林正行先生

 
 
 
 
*お問い合わせ先
日本骨髄腫患者の会事務局
メール owner-imfjapan@myeloma.gr.jp