タグ検索結果

  • 全てのコンテンツ内でタグ:「研究助成金」
    が付けられている記事です
konishi 2010.07.01 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
INTERNATIONAL MYELOMA FOUNDATIONThe Award in Aki's Memory2011年 堀之内朗記念研究助成多発性骨髄腫研究助成金公募研究課題募集要項 2011年の基礎的研究部門の公募は閉め切りました。多数のご応募ありがとうございました。 2 ・・・続きを読む
konishi 2009.11.22 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
 2010年基礎的研究部門採択者紹介 京都府立医科大学黒田 純也  先生テーマ 「ガレクチンファミリー制御による腫瘍環境由来シグナルを 標的とした多発性骨髄腫に対する新規分子標的治療薬の開発」 ・・・続きを読む
konishi 2009.11.22 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
 2010年臨床研究部門採択者紹介 研究グループ代表 徳島大学病院 尾崎 修治 先生テーマ 「高齢者再発・難治性多発性骨髄腫に対する weekly bortezomib+dexamethasone 療法」 ・・・続きを読む
konishi 2009.07.01 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
INTERNATIONAL MYELOMA FOUNDATIONThe Award in Aki's Memory2010年 堀之内朗記念研究助成多発性骨髄腫研究助成金公募研究課題募集要項  2010年の基礎的研究部門の公募は閉め切りました。多数のご応募ありがとうございました。2 ・・・続きを読む
konishi 2008.11.23 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
 2009年臨床研究部門採択者紹介 研究グループ代表 富山県立中央病院 吉田喬 先生テーマ 「初発症候性多発性骨髄腫に対するVAD療法およびBD後(ボルテゾミブ+デキサメサゾン)、自家末梢血幹細胞移植療法の有効性・安全性を確認する臨床第Ⅱ相試験」 ・・・続きを読む
konishi 2008.11.23 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
 2009年基礎的研究部門採択者紹介 東北大学加齢医学研究所 柴田浩行 先生テーマ 「新規クルクミン類縁体を用いた、新しい多発性骨髄腫の薬物療法の開発」 ・・・続きを読む
konishi 2007.11.18 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
 2008年基礎的研究部門採択者紹介 熊本大学大学院医学薬学研究部 奥野豊 先生テーマ 「骨髄腫モデルマウスの作成」 ・・・続きを読む
konishi 2006.11.19 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
 2007年採択者紹介 広島大学医学部付属病院血液内科 坂井 晃 先生テーマ 「骨髄腫細胞におけるcyclin D1過剰発現の意味するものと治療への応用」 受賞者からひとこと   このたびは堀之内朗賞を受賞でき大変光栄に存じます。この賞の意味するものを肝に銘じ、 多発性骨髄腫の治療及び研究 ・・・続きを読む
konishi 2005.11.20 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
 2006年採択者紹介 京都大学医学部付属病院輸血細胞治療部 芦原英司 先生テーマ 「難治性多発性骨髄腫に対する分子標的療法と細胞免疫療法を統合した治療法の開発」   ・・・続きを読む
konishi 2004.11.20 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
  2005年採択者紹介 慶応大学医学部 血液・感染・リウマチ内科 服部 豊 先生(写真右から2番目)テーマ 「骨髄血管新生をターゲットとした難治性多発性骨髄腫に対する分子標的療法および遺伝子治療の開発 ・・・続きを読む
konishi 2003.11.20 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
  2004年採択者紹介 山口大学大学院医学研究科生体シグナル解析医学 助教授 石川秀明 先生テーマ  「骨髄腫細胞の増殖を制御する分子の解析と治療応用の可能性」 ・・・続きを読む
konishi 2002.11.20 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
  2003年採択者紹介 熊本大学医学部付属病院 第二内科 園木孝志 先生(写真前列右から2番目)テーマ  「骨髄腫の生物学的特徴を標的とした新規治療法の開発」 ・・・続きを読む
konishi 2001.11.20 [多発性骨髄腫研究助成]|治癒に向けて
  2002年採択者紹介 徳島大学医学部付属病院 第一内科 安倍正博 先生(写真右側)テーマ  「骨髄腫骨病変の形成機序とその腫瘍進展に及ぼす役割」 ・・・続きを読む
  • 1